スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    クンちゃんの「名誉毀損講座」①

    文芸社、クンちゃんブログの15の記事について削除をGOOに要求!

    文芸社内の実態を書いた部分が名誉毀損だと主張!    
      
    どこが名誉毀損? だいたい名誉毀損ってどういうこと?


    一昨8月11日、平成23年8月 11日付の「92feeedition44様」宛、東京都港区芝浦三丁目4番1号 NTTレゾナント株式会社 goo事務局から、「侵害情報の通知書兼送信防止措置に関する照会書」が、クンちゃんパソコンに着信したことは、クンちゃんブログ通算№62 http://blog.goo.ne.jp/92freeedition44/e/1853fba7ef4615f8b09e6fb47e36d9c9 で皆さんにお知らせしました。
     
    その骨子を再録しておきましょう。(アンダーライン部分)

    あなたが発信した下記の情報の流通により権利が侵害されたとの侵害情報ならびに送信防止措置を請じるよう申し出を受けましたので、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成13年法律第137号)第3条第2項第2号に基づき、送信防止措置を講じることに同意されるかを照会します。

    本書が到達した7日を経過してもあなたから送信防止措置を講じることに同意しない旨の申し出がない場合、当社はただちに送信防止措置として、下記情報を削除する場合があることを申し添えます。また、別途弊社gooブログ利用規約に基づく措置をとらせていただく場合もございますのでご了承ください。

    なお、あなたが自主的に下記の情報を削除するなど送信防止措置を講じていただくことについては差し支えありません。

    記掲載されている場所

    「文芸社ノルマ達成には、契約書も偽造してしまうほどのプレッシャー!」と題する「其の壱」から「其の拾伍」までの文章

    掲載されている情報
    別紙侵害情報等(略)

    侵害されたとする権利
    人格権たる名誉権

    権利が侵害されたとする理由

    上記文章中、通知人の従業員が、通知人の義務に関連して契約書を偽造したことや、通知人の従業員が東京都に摘発された商品を販売していることなどが記載されております。

    上記の文章の内容は、通知人に対する誹謗中傷であって、不特定多数の者が自由に閲覧できる本件ブログにかような内容の書き込みが掲載されることは、通知人の社会的評価を著しく毀損するものにほかなりません。



    天下のNTTの関連会社とみられるgooが(知らなかった不明をお詫びします)差し出す書面にしては、えらくお粗末でびっくりしてしまう。

    まず、通知文面に見られる関連法令や「利用規約」をこの度検証する気にはならないが、いやしくも他人の表現活動を全面的に制限する「削除」を求める主体=通知人がまったく表示されていないのは、いったいどういうことなのか。どこのどなたさまが削除を求めているのかは、最低限あきらかにすべきではないか。「通知人の従業員」という表現が見えるので、かろうじて文芸社という法人が請求していることがわかるのみである。

    この通知の趣旨によると、10日ばかり留守にして帰ってきたら、あらビックリ! ブログがごそっと削除されている、なんていうことが大いにあり得るのである。事は簡単に見過ごせない要素を含んでいる。

    また、15もの記事を削除すべしとする理由が、上記のわずか200字に満たないなんていうことはあり得ない。

    到底、削除すべきか否かを、クンちゃん側が、また肝心のgoo側がちゃんと吟味するにも圧倒的に情報不足なはずである。この通知書に記載された理由は、あるいは通知人たる文芸社が示した理由のダイジェスト版なのかも知れないが、それならそうで、その全部をクンちゃん側に示すのが通常の社会常識に合致するやり方ではないか?こんなふまじめな理由を示されて、まともに応えようと考える人間はクンちゃんぐらいだんべよ。

    さて、通知人が主張している侵害された権利は、「名誉権」であるという。わかりました。

    んで、gooさん、なんとか削除してちょうだいよ、という理由は、「契約書の偽造」(通知人の従業員)やトンデモサプリメントMMSの「商品販売」(通知人の専務取締役)に言及した記事が、通知人たる文芸社の社会的評価を著しく毀損しているから、というのだ。そりゃ、評判が落ちるわな。これらの行為が明らかになると「社会的評価を損なう」ということは実感しているらしい。

    しかし、これを読んでいるみなさんはもうお気づきのことと思うが、これらの文言には名誉毀損を主張する際に理由づけの常套句として用いられる「これらの虚偽記載により云々」というフレーズがまったく見られませんよね。つまり、クンちゃんが書いた記事の内容は、真実であることを認めざるを得ないことを、すでに文芸社内部調査で確認しているからなんでしょう。というより、商品販売なんぞは、ほとんどトップともいえる人物自身の行為であるので、調査するまでもないということかもしれんわな。

    そこで、いよいよ「名誉毀損とはいったいなんなんだろう」という問題にワレワレは直面することになるのであります。


    原則的に、表現された内容が真実か虚偽かは名誉毀損の成立に関係ない!

    難しい話は暑苦しくてイヤじゃ、という向きも多いと思うが、少々我慢をお願いしたい。
     
    私人(ふつうの生きている人間)同士の間で、どこぞで、そう、例えばPTAのたくさんのお母さんがいる前で何か私的な事実を挙げて非難され、それが原因で大騒ぎになるなんていうことがあるんですよ、これが。

    誹謗されたおかぽんは相手のところに押しかけて、「あんたあ、名誉毀損だワ、訴えてやる! わんわん!」とぶちあげる。一方、放送局のほうも負けていない。「だってえ、あんた、ホントのことじゃないの、ホントのこと言われてなに文句言ってんのよお! しょうがないでしょ!」とやりかえす。おかぽんはぐっとつまって、二の句がつげない。

    この例はどんな扱いになるのでしょうか? 

    名誉毀損が成立しちゃいます。原則的に、表現内容の真偽を問わず、或る人、或る法人の社会的評価が低下する、または低下する恐れがあるだけでも名誉毀損というのは成立するのです。

    やむを得ず刑法をひっぱっりますが、めんどっちい方は通り過ぎていいですよ。

    刑法第230条第1項

    「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する」

    ということになっているので、自らをかえりみて、放送局的要素を見出す方は注意が必要である。

    ただし、ふつうの人は「公然」の部分を満たさないことが多いし、だいたい井戸端会議程度では発覚することは稀だろう。本に書いたり、雑誌に発表したり、放送したり、などはもちろん公然だが、ブログはどうか? 完全に「公然」の範疇にあります。

    第一の教訓 「原則的にウソだろうがホントだろうが、名誉毀損は成立する。」

    ホントなら名誉毀損にならない、という例外がある!

    物事には例外というのが必ずあると言ってよい。

    名誉毀損は、表現された事実がウソだろうとホントだろうと場合によって成立してしまうことを前述しましたが、その例外として、まず死者の名誉の問題があります。

    前記刑法第230条第2項は、次のように定めています。

    「死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。」

    そりゃそうだよ!って言ったあなたの感覚は正常ですね。

    だれでも、あんまり感心しない部分てのを持っているのが人間ですなあ。感心しない部分だけで成り立っている場合さえあるそうですよ。

    で、死んだ人のことでも原則どおりウソでもホントでも、まずいことを書いて発表したら名誉毀損ってことになると大変不都合なことになります。まず、すぐ頭に浮かぶのが、「伝記」なんてのはまったく書けないことになっちまうってこと。原則に従うと、伝記上の人物はすべて長所、美点ばかりの人間になっちゃうのです。

    そこで、ホントのことならしょうがない、罰しないよ、ってことであります。

    第二の教訓 「死者に対する名誉毀損は、虚偽の事実を摘示した場合にだけ成立しますよ。」 

    もうひとつの例外が、前記刑法第230条の隣の条文、「第230条の2」というところに定まっています。

    刑法第230条の2、第1項

    「前条第1項の行為(註・名誉毀損行為ってこと)が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であること の証明があったときは、これを罰しない。」

    つまり、「原則ウソでもホントでも名誉毀損は成立する」の第二の例外として、表現された内容が「公共の利害に関する事実にかかり」、「公益目的」である場合には罰しない、ということが書かれているのです。

    「公共の事実にかかり」というと、なにか大変な国政レベルの話、国会議員がらみの内容では、なんぞとお感じになる方もおられると思いますが、膨大な裁判の前例(判例)によると、会社がらみの内容はだいたいが公共の利害に関する事実ということになっています。

    また、同じ刑法第230条の2の第2項には、「公訴が提起されていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす」とあるのです。

    一方、「公益目的」というのは、単なる誹謗中傷、為にする非難などではない、なんというか前向きの建設的な目的がある、ということになると思います。

    第三の教訓 「公共の利害に関する事実で、その内容が真実であり、公益目的で表現した場合は、名誉毀損の格好に見えても、罰せられない。」 


    もうちょっとですので、我慢して読み進めてください。

    以上のとおり、名誉毀損の成立する場合と成立しない場合を検討してきましたが、これらを踏まえてクンちゃんブログの場合はどうか考えて、結論としたいと思います。

    通知人の請求理由となっている契約書偽造行為は刑法第230条の2の第2項に定まっている起訴前の犯罪行為です。

    また、専務取締役の職位にある人物の社内での公然たる副業的行為、それも行政が問題とする商品の販売や医療まがい行為ほかは、あきらかなる刑法第230条の2、第1項の公共の利害に関する事実です。副業を就業規則で禁じている張本人が、自ら禁を破って平然としていた、し続けているでしょう。

    そうして、それらの記事内容が真実であることを証明づけるために、クンちゃんは出来る限り、なんらかの証拠的な画像を添付しています。(今回、参考までに申述書の画像1点を補足しています。)

    また、ブログ中にも記載していますが、クンちゃんの目的は、このような異常な社内状態を告発し、徹底的にそれが改善されることによって、従業員一人ひとりが、「私は文芸社に勤めています。いろいろありましたが、いまはちゃんとした会社になっています。是非、ウチで本をお出しになってください」と胸を張れるような会社になってもらうことです。これは公益目的であると確信しています。

    結論は、15の記事はいずれも名誉毀損に該当しないので、削除する必要はまったくない、ということであります。

    なお、これまでの名誉毀損の話は、刑法をテキストにして刑事責任について話してきましたが、刑事責任に関するスタンダードは民事責任にもゆるやかに適用されますので、これを頭に入れておけば十分です。民事訴訟では、民法第709条、710条に基づく不法行為による損害賠償という形で、名誉毀損であるか否かが争われます。そこで、クンちゃんは、刑事、民事のいずれか、または両方にて、文芸社によって裁判沙汰を引き起こされる事態を読み込んで、それこそ注意深く、一言一句に注意しつつ執筆してきたところであります。

    具体的な指摘もせずに、総論的に名誉権が侵害されたなどの文芸社主張は笑止千万という表現にぴったりなじむものです。

    長くなりましたが、以上です。
    ご理解いただけましたでしょうか?
    ご不明な点は、コメント欄またはメッセージ欄からお問い合わせください。

    meiyo_1.jpg


    関連記事の内容を証明づける書面等のうち、画像がアップされていなかったのは、関沢くんの申述書だけと思われるので、この度、申述書最終頁をアップして参考に供する。不明朗な契約-キャンセルへ、といった行為は、「日常茶飯事」だと書いてあるのが判読できよう。

    (フクちゃん記:これは削除要請のあった記事ではありませんが、一連の流れを確認するため転載しました。オリジナル記事はこちら
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 自費出版
    ジャンル : 本・雑誌

    文芸社削除要求の記事⑮文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾伍 「小野寺専務行状記・続々公私同一」

    15_1

    「続々・公私同一」の巻⑥

    小野寺潤専務言行録Ⅲ(番外補足篇)②

    メッセージ欄への お尋ねに答えて② (なんか、NHK広報番組ぽくて、スイマセン!)

    ファクス攻撃、やめてけれぇ!

    発信元のクレジットなし、そして匿名のあなた、ファクス送信はもう勘弁してくださいね。

    用紙を当分の間、はずしておきます。着信音もゼロレベルにしたワン!

    我が家のファクス(電話)番号を知っているのだから、あなたって、会社の関係者なんでしょうね。

    あなたがなぜ、こうまでしつこくこのことに執着するのか、まったく理解できませんね。誰かに頼まれてんのか?

    社内でMMSを買った方々は、前回のQ&Aで、説明したとおりです。
    社内でこんなものを売りつけていたボクちゃんについては大問題ですが、ある意味、買った方はどうということもないので、あなたが言うように、買った人の名前を仮名でもいいから公表しろなんていうことは、無理がありますね。

    ただ、こういうものを買う人は、ボクちゃんこと小野寺潤専務の「理解者」「共鳴者」であろうと思われます。

    そこで、ヒントを差し上げます。
    ボクちゃんのヒーリングセンターホームページを隅から隅まで開いて、誰が登場しているか眺めてください。
    あなたの想像が間違っていることが判明します。
    それで、納得してください。クンちゃんとしては、ここまでしかできません。

    http://www.healing-center.jp/index.html

    これ以上、うちの電話番号にアクセスしてくるなら、発信元を割り出さざるを得なくなりますので、あらかじめ、お知らせしておきますよ。

    最近、匿名希望の関係者からクンちゃん家電へのご連絡が多くなりましたので、「電話には出んわ!」ということにしています。その代わりに、画面左側のクンちゃん写真の上に、ご連絡用の「メッセージを送る」欄を設けましたので、是非ここをご利用ください。ここへのご連絡は、コメント欄に反映されません。クンちゃんだけが、承ります。

    関連記事

    テーマ : 自費出版
    ジャンル : 本・雑誌

    文芸社削除要請の記事⑭文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾四 「小野寺専務行状記・続々公私同一」   

    15_1

    「続々・公私同一」の巻⑤ 

    小野寺潤専務言行録Ⅲ(番外補足篇)

    メッセージ欄への お尋ねに答えて (なんか、NHK広報番組ぽくて、スイマセン!)

    Q うちの「女性幹部」はそんなもん買わんだろう、買うはずないっ!ていうご指摘、ご質問について 

    A すいません。よく読んでいただきたいのですが、買った、買わない、ではなく、ボクちゃんこと小野寺潤専務作成の「回収リスト」に名前があるかないかということです。ほんとに買ったかどうかは、当事者しかわかりませんよね。それから、「幹部級」と「女性」という単語を近場で書いたのが誤解を招いたようです。幹部という意味が紛らわしくてホントにすいません。まあ、部長程度を言うんじゃないかと思いますが、会社の規模にもよりますし。

    それで、この方がおっしゃるには「現在、うちの(文芸社という意味に解釈して)女性で課長級以上の職階にある人はひとりしかいないよ」ということですので…、いきおい特定されてしまう格好ですが、ご指摘の女性が回収リストに名前が出ているという事実は一切ありません。別のひとです。誤解を招いたとすれば、訂正してお詫びします。

    リストに名前が出てくる女性は、現在、どういう形であれ、この会社に所属していない方です。なお、他の男性ふたりは契約担当部署の所属ですが、うちひとりは関連会社日本文学館に本年3月1日付で出ています。

    Q そのプール消毒剤と同様組成の「MMS」ってのは、いったい、いくらで仕入れて、いくらで売ってたのか、どれぐらいの量を売ってたのか、こういう基本的なことが書かれていないのでは新聞原稿にならんぞ、というご指摘、ご質問について

    A えっらいすんまへんが、これはブログ原稿で新聞原稿じゃないんで、不行き届きは何卒ご勘弁を! そうですねえ、駆け出しのころ、4W1Hだか5W1Hというやつでしたっけ、あれは徹底的にやられましたね。今でも骨身にしみておりまして、車は4Wにしてますが…。 
        
    んで、ご指摘を受けて、あれこれ資料をひっくり返して、或る程度わかりました。

    まず仕入れ値ですが、先に掲載したデジタル化前の資料写真をご覧ください。

    10_2

    すると、一番下の行に、英字で「ミネラル サプリ」とあり、「15」と「60」という数字が見えますね。15の単位はわからんが、60はU.S.$と書いてあるんだから、米ドルでしょうね。当時、仮に1ドル100円としても、邦貨6000円以下ということでしょう。つまり、プールの消毒剤と同じなんだから、そんなに高いもんじゃないってことは確かです。

    15がセットの数だとちょっと輸入量的に小さすぎる感じですが。もし、ポリビン2ケと結晶クエン酸のセットということなら、1セット400円程度となりますが、どうもよくわからんですなあ。部外者には、にわかに解読できまっせん。
        
    ああ、こんなもんもありました。これは、ボクちゃんが米国の発売元に発注した書面と、それに対する米国からの受注しましたという受注書面のようですなあ。

    14_2

    14_3
       
    これだと明解国語辞典のように、明快にわかります。

    品物代と発送料を合わせた$444を30セットで割れば、1セットあたりの原価が出るということです。
    $14強ですね。これが当時いくらだったか、$1あたり80円台だと思うが、仮に100円として、1500円弱。

    14_4

    一方、売値は、上の当時のヒーリングセンターHP記載のとおり、1セット3800円ということです。
    おそらく1200円程度のものを、3800円で売っていたということになるのだと思いますが、それが社会的にどういう評価になるのか、クンちゃんにはちょっとわかりません。

    それから、どのくらい売ったのか、その数量は役所には届けているハズですが、前回書きましたように、全体がまったくいい加減な書面なんですから、その実態なんか全然わかりませんね、はい。

    Q なんで、ロゴストロン研究所とかいう七沢氏の会社とボクちゃん専務の会社プラネットアース社が一体だったってことになるのか、というご指摘、ご質問について 
          
    A ボクちゃん自身がそう説明していたうえ、下のHP、デジタル化したやつね、これを見ていただきたいのですが、この年6月19日に「付属機関」になったっちゅうんだから、そうなんでしょうよ。これを「実は関係なかった」って言い張るんだから、役所の担当官も、さぞビックリなさったことでしょう。

    14_5 

    最近、匿名希望の関係者からクンちゃん家電へのご連絡が多くなりましたので、「電話には出んわ!」ということにしています。その代わりに、画面左側のクンちゃん写真の上に、ご連絡用の「メッセージを送る」欄を設けましたので、是非ここをご利用ください。ここへのご連絡は、コメント欄に反映されません。クンちゃんだけが、承ります。

    掲載予定記事の一例 

    (予告。掲載順ではありません。体調不良と老齢のため、不定期のアップになります。ご了承をお願いします。内容は変更される場合があります。)

    ■鬼蜘蛛おばさんこと「北の論客」松田まゆみさんの主張 (其の壱・調査活動の顚末)
    (其の弐・まゆみさんが詐欺罪で文芸社を告発。寺野専務らに代わって東京地検に何度も呼び出されたクンちゃんの泣き笑い)
    ●鬼蜘蛛おばさんこと「北の論客」松田まゆみさんの主張(其の参・まゆみさん告発で、東京地検捜査をどうすりぬけたか、その真相)
    ●特報! 三社関係現役・退職者座談会「文芸社・岡林第一、第二編集部長ってのは、
    三一書房従業員(かつて、闘争前)、草思社専務取締役(ついこの間まで)として何をやり、何をやらなかったか」
    ●新風舎と碧天舎の倒産前後
    ■自費出版図書館はどうなっちゃったか。あの人が何故?
    ●特定商取引法改正と自費出版業界(本も出た、本屋に並んだ、広告も出た。だが、文芸社に支払ったあのカネを返してもらいたい…そんな方は必読) 
    ◆文芸社が東京経済・渡邊勝利氏を名誉棄損で訴えた裁判(いわゆる渡邊裁判の顚末) 
    ◆渡邊裁判敗訴後の渡邊勝利氏とその末路(あの威風堂々の男が…カネには勝てんのか!?)
    ●祝 この春、新宿旧NAOビルに一族郎党揃い踏み、ゲェッ!あれが4階に! するってえと、日本文学館ってのは?
    ◆現在、係争中の裁判リポート(「300冊配本はウソ」とがなりたてるアホにてこずるボケ、ほか)



    関連記事

    テーマ : 自費出版
    ジャンル : 本・雑誌

    文芸社削除要求の記事⑬文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾参 「小野寺専務行状記・続々公私同一」

    最近、匿名希望の関係者からクンちゃん家電へのご連絡が多くなりましたので、「電話には出んわ!」ということにしています。その代わりに、画面左側のクンちゃん写真の上に、ご連絡用メッセージ・ポイントを設けましたので、是非ここをご利用ください。ここへのご連絡は、コメント欄に反映されません。クンちゃんだけが、承ります。

    15_1

    「続々・公私同一」の巻④ 

    小野寺潤専務言行録Ⅲ(の完結篇)

    【前回までのあらすじ】

    プールの消毒に使える塩素なんだから、人間の体も消毒できないはずはない、右岸ダではエイズにもバッチリ効いてまっせ!という触れ込みで、“画期的サプリメント”「MMS」の販売・宣伝に乗り出した小野寺ボクちゃん専務であったが、2010年8月、東京都からストップを食らう。相談を受けたクンちゃんは、放っておくと文芸社本体が巻き込まれ由々しき事態になる、との判断で収拾に動く。営業実態を聴き取ったうえで、営業主体であるロゴストロン名義で東京都薬事監視課に提出する報告書草案を作成したが、甲府の大教祖が「自分のところは無関係にしろ」と厳命、寺野小教祖としてはなりふりかまわず、つじつま合わせを迫られることになった。そこで、クンちゃんが作成したのが「通算NO17」掲出の「事情説明書」である。

    はたして、こんないい加減な文書が東京都の薬事問題の総元締め部署に通用するのだろうか……。

    2010年8月19日、“株式会社ロゴストロン執行役員クンちゃん”と「株式会社プラネットアース代表取締役ボクちゃん」(文芸社専務取締役小野寺潤)のふたりは東京都庁第一庁舎21階の薬事監視課を訪れた。

    役所サイドは前回の女性担当官と別にもうお一人、男性担当官が一緒に出てきた。クンちゃんは報告書を提示して、ああでもない、こうでもない、と苦しい言い訳を口にし、いわばロゴストロンの名称を、ボクちゃん側が勝手に使っていたことにしてしまった。

    行きがかり上、担当官の面前でボクちゃんを叱りつけたりして、かなりみえみえの猿芝居。冷や汗もののやりとりだった。

    担当官らは、うさんくさい話をしてからにぃ、という顔つきで話を聞いてくれていたが、いい加減なことを抜かしやがってふざけるな、ということにはならなかった(幸いかどうかは?)。とにかく、役所は一件落着を優先したいということのようで、

    「うーん、まあ、会社代表印の押してある文書でこう説明しているんですからねえ、こういうことなんでしょうね」

    と、おっしゃるのでありました。

    こちらとしては願ったり叶ったりの寛容なるお言葉であり、続いて、売りさばき商品を回収せよとの厳命、回収リストその他、これこれの文書を提出せよなどの説明もあったが、そんなことはボクちゃんの仕事なので、クンちゃんとしてはまったく上の空で聞き流し、早々に退散してきた。

    翌日、さっそくボクちゃんが自分のところのホームページに掲載したのが、次の文書である。

    13_1

    13_2

    このお知らせをHPに掲載した後、直接売りも含めて、回収作業に入り、回収リストを提出して一応落着をみるに至る。

    この経過の中で、回収リストなるものを作ったから見てくれと言って一覧表を持ってきた。それによると、社内の幹部級が三人もプール消毒剤を買わされ(買いたくて買ったのかも知れぬが、その点は不明)ていることがわかった。

    おまけに、そのうちのひとりの女性はなんと6本も買っていたことになっており、「これは多すぎるわな、3本ぐらいにしたら」と言うと、そのように修正した。

    つまり、回収リストもいい加減なものなのである。社内3人の名前も、売り先不明の部分に充てるために名義借りしたのかもしれないし、或いはほんとに買っていたのかもしれない。

    ことほど左様に、とにもかくにも格好をつけることで、東京都はひっこみ、一応、事態は鎮静したのである。表面的だけでも、言うことを聞いていれば、なんとかなるもんだということなのだろうか。

    ところが、またまた、ところがなのである。

    まだ、暑さがおさまらない9月に入ってから、最近はおとなしくしているんだろうね、と「心と体のヒーリングセンター」のHPを開いてみると、目を疑うお知らせがサイトアップされていた。

    13_3

    これが、そのお知らせである。

    10月にボクちゃんセンターの催しを、またまた文芸社地下サロンでやるというのである。

    ボクちゃんの愚行がなんとか文芸社に及ばないようにと動いてきたのは、いったい何だったのだろう。

    このお方に、また、このお方が全権を握るこの会社に、さらにお仕えすることは、もはやまっぴらごめんである。

    もうウンザリ、もうタクサン、という疲労感、脱力感がクンちゃんの全身を覆った。

    翌日、クンちゃんは、「来る2010年11月12日をもってすべての権限を返上し、残務処理が済み次第退職する」旨、ボクちゃん専務こと小野寺潤専務と千場取締役に通知した。(2011年3月8日撤収) 

    (この項おわり)

    【追記】

    こうまでして、文芸社を防衛しようとしたクンちゃんが、いま何故、これらを公表するのか。

    それは、これほどまでに度を超した人物が、実質的にこの会社を動かしている実態を明らかにすることがひとつ。

    それから、役所はすべて(これは行政から、司法から、捜査機関に至るまで)同様であるが、いったん落着させた事案を再びいじくりまわすことはない。

    検察には、たとえば不起訴事案を「再起」するという処分があるが、そんな措置は簡単にはできない。
    裁判の「再審」もしかりであることは誰でも承知している。
    行政も同じである。いい加減な措置であろうと、いったん終結させた事案を再び問題にすれば、多くの人間の責任が問われる。

    したがって、この問題をいま公表したところで、ふたたび蒸し返しにはならないと知っているからである。それを証明づけるために、担当官の名刺記載のアドレスに、このブログを送信しておいた。

    掲載予定記事の一例 
     
    (予告。掲載順ではありません。体調不良と老齢のため、不定期のアップになります。ご了承をお願いします。内容は変更される場合があります。)

    ■鬼蜘蛛おばさんこと「北の論客」松田まゆみさんの主張 (其の壱・調査活動の顚末)
    (其の弐・まゆみさんが詐欺罪で文芸社を告発。小野寺専務らに代わって東京地検に何度も呼び出されたクンちゃんの泣き笑い)
    ●鬼蜘蛛おばさんこと「北の論客」松田まゆみさんの主張(其の参・まゆみさん告発で、東京地検捜査をどうすりぬけたか、その真相)
    ●特報! 三社関係現役・退職者座談会「文芸社・岡林第一、第二編集部長ってのは、
    三一書房従業員(かつて、闘争前)、草思社専務取締役(ついこの間まで)として何をやり、何をやらなかったか」
    ●新風舎と碧天舎の倒産前後
    ■自費出版図書館はどうなっちゃったか。あの人が何故?
    ●特定商取引法改正と自費出版業界(本も出た、本屋に並んだ、広告も出た。だが、文芸社に支払ったあのカネを返してもらいたい…そんな方は必読) 
    ◆文芸社が東京経済・渡邊勝利氏を名誉棄損で訴えた裁判(いわゆる渡邊裁判の顚末) 
    ◆渡邊裁判敗訴後の渡邊勝利氏とその末路(あの威風堂々の男が…カネには勝てんのか!?)
    ●祝 この春、新宿旧NAOビルに一族郎党揃い踏み、ゲェッ!あれが4階に! するってえと、日本文学館ってのは?
    ◆現在、係争中の裁判リポート(「300冊配本はウソ」とがなりたてるアホにてこずるボケ、ほか)
    関連記事

    テーマ : 自費出版
    ジャンル : 本・雑誌

    文芸社削除要求の記事⑫文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾弐 「小野寺専務行状記・続々公私同一」

    15_1

    MMS(左右2本・緑色ポリ瓶)とクエン酸保存用ポリ瓶(中央・青色)左右2本は、目視できるとおり、右から左を合成しています。

    「続々・公私同一」の巻③ 

    小野寺潤専務言行録Ⅲ(のつづき)

    ボクちゃん専務こと小野寺潤専務が売りさばいていたのは、商品名「MMS」(ミラクル・ミネラル・サプリメント=ソデアムクロライトナトリウム亜塩素酸塩)で、確かにプールの消毒・殺菌に昔から使われている「通称、塩素」と同様のもの。それを人間の消毒・殺菌にも使ってしまおうという画期的な発想は、並みの人間には到底できない。

    既報のとおり、右岸ダではエイズにもばっちり効く実績が証明されたというふれこみなのだから、左岸ダや日本でも効くのは間違いなく、そうだとすればノーベル賞受賞も現実のもの、と考えてあたりまえだが、そう考える人がどれくらいおるもんやろか。

    いくらなんでも出版社の専務ともあろうものが、こんなプールの消毒剤とやらを万病に効くと称して堂々と売っているなど、並みの人間には到底信じがたい。しかし、ホンマにホントなのである。ひとつ間違って従業員全体の雇用にかかわる事態を招いたら、いったいどう責任を取るのか。「瓜谷社長のご承認」をふりかざすボクちゃんだが、この消毒薬の販売にもご承認とやらが及んでいるとは考えにくい。だがしかし、品物を会社宛に送り付けさせていることなどからして、包括的な承認が存在する可能性は否定できない。そうだとすれば、ますますこの版元本体が危うい。ボクちゃんの身の上がどうなろうと知ったこっちゃないが、働く人びとの生活は優先的に守る必要がある。

    クンちゃんは大嘆息して、やむなく事態の収拾に動くことにした。

    まず、東京都庁・薬事監視課に電話すると、とにかく現物を持って役所の担当官のところに来い、という。

    来い、と言われても、当事者として出頭するわけで、当事者としての身分を証明づけるものが必要になる。そこで、この段階ではこの消毒薬を売っている主体は「株式会社ロゴストロン東京オフィス」であるとのボクちゃんの説明により、クンちゃんは急遽ロゴストロンに所属していることになり、その名刺をつくる手配がなされた。それが、既報「通算NO13」で公開済みであるが、次に掲げる名刺である。

    8_1

    2010年8月13日、役所に持参するMMSの緑色ポリ製ビン(3分の1ほど中身があった記憶)、クエン酸結晶、溶解クエン酸保存用のポリ製青色ビンが揃い、前記名刺とともにクンちゃんに引き渡された。それを裸で持っていくのも不都合なので、何か袋をくれ、とボクちゃんに言うと、そのへんにあった「文芸社」の名入り大封筒を差し出したので、まさに肝がつぶれる思いがした。自分がやっていることが、どういう意味を持つのか、それがまったくわからない人なのである。

    例の名刺とブツを携え(ブツは別の袋に入れた)、クンちゃんは西新宿の東京都庁第一本庁舎21階の健康安全部、薬事監視課という担当部署を訪れた。

    8_2

    出てきた担当官は確かに若い女性だが、当然ながら知識も能力も抜群の印象で、これでは指示されるままに処理するよりほかはない。

    結局、ブツの出入りの関係、売り先の関係、もう売りませんという誓約などを盛り込んだ報告書を提出せよ、という。

    クンちゃんは、尻尾を垂らしたまま、ひっそりと都庁を後にした。

    それから数日かかって、ボクちゃんからいろいろと聴き取り、それらを株式会社ロゴストロン代表取締役名義の報告書草案にまとめた。まあ、これで一件落着、もううんざりだわい、いい加減にしてもらいたいとほっと一息ついていると、また内線電話が鳴る。

    ボク(ひと呼吸おいて)
      「ちょっと困ったことになっちゃいまして、すぐ来てもらいたいんですが…」

    しぶしぶ8階に上がっていくと、ロゴストロンの七沢・代表取締役に苦心の報告書(案文)を送信し、代表印をもらいに甲府へ行くことを伝えると、七沢氏から大クレームがついたというのだ。そして、このMMS問題は七沢氏とはまったく無関係である、という前提をもってすべて措置せよ、と大ムクーレでもあるという。

    そりゃあ、困った! 前提を変えるのはえらく大変だ。役所だって、ああそうですか、と簡単にいくかどうか。

    しかし、七沢大教祖の言うことであり、寺野小教祖としては従わざるを得ない。

    しょうがないので、間違ったということで口を拭いつつ、ロゴストロンとボクちゃんの会社(プラネット・アース)はまったく関係がないようにしてしまおう。こんな、すっとぼけが通用するかどうか、やるだけやってみようということになった。

    そこで、クンちゃんはまた鉛筆をなめなめ、次に掲げる報告書案文を作成、ボクちゃんが甲府へ送信したところ、「これなら、よかんべ」ということになった。そうして、ボクちゃんが大慌てで甲府を往復し代表印をもらってきたのであった。

    12_1

    12_2

    クンちゃん、ついに文書のデジタル化を実現しました! 
    作成者が首をかしげる、こんなんでも通用しちゃうことが判明!
    寺野小教祖の実名を行きがかり上、工作しています。 

    (この項つづく)

    掲載予定記事の一例 

    (予告。掲載順ではありません。体調不良と老齢のため、不定期のアップになります。ご了承をお願いします。内容は変更される場合があります。)


    ■鬼蜘蛛おばさんこと「北の論客」松田まゆみさんの主張 (其の壱・調査活動の顚末)
    (其の弐・まゆみさんが詐欺罪で文芸社を告発。寺野専務らに代わって東京地検に何度も呼び出されたクンちゃんの泣き笑い)
    ●鬼蜘蛛おばさんこと「北の論客」松田まゆみさんの主張(其の参・まゆみさん告発で、東京地検捜査をどうすりぬけたか、その真相)
    ●特報! 三社関係現役・退職者座談会「文芸社・岡林第一、第二編集部長ってのは、
    三一書房従業員(かつて、闘争前)、草思社専務取締役(ついこの間まで)として何をやり、何をやらなかったか」
    ●新風舎と碧天舎の倒産前後
    ■自費出版図書館はどうなっちゃったか。あの人が何故?
    ●特定商取引法改正と自費出版業界(本も出た、本屋に並んだ、広告も出た。だが、文芸社に支払ったあのカネを返してもらいたい…そんな方は必読) 
    ◆文芸社が東京経済・渡邊勝利氏を名誉棄損で訴えた裁判(いわゆる渡邊裁判の顚末) 
    ◆渡邊裁判敗訴後の渡邊勝利氏とその末路(あの威風堂々の男が…カネには勝てんのか!?)
    ●祝 この春、新宿旧NAOビルに一族郎党揃い踏み、ゲェッ!あれが4階に! するってえと、日本文学館ってのは?
    ◆現在、係争中の裁判リポート(「300冊配本はウソ」とがなりたてるアホにてこずるボケ、ほか)
    関連記事

    テーマ : 自費出版
    ジャンル : 本・雑誌

    カテゴリ
    プロフィール

    フクちゃん

    Author:フクちゃん

    検索フォーム
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。