スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    文芸社削除要求の記事⑩文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾「小野寺専務行状記・続々公私同一」

    bottle.jpg

    「続々・公私同一」の巻①  

    小野寺潤専務言行録Ⅲ 

    ありました! 全部ありました! 今夜中に、記事を書いて、ここに貼り付けときます。あした、ご覧ください。

    10_1

    10_2

    【写真説明】

    題字上・クエン酸保存瓶(左・青色)とMMS(右2本・緑色)
    本文上・小=個人輸入宛名書(全体)大=同(一部を拡大)

    大変お待たせいたしました。

    やっとこさ、当時の買付書類やら宛名書き、クンちゃんが作成して東京都庁に提出した申立書などの書類等一括を、段ボール箱の山の中から見つけ出してきました。やれやれ…。

    で、話がどこまで進んだか忘れてしまった方もおられるでしょう。二、三回さかのぼって読み直しをお願いいたします。

    なお、これらの書類等はクンちゃんの元勤務先のモノではありませんのでなんの問題もありませんが、もし勤務先(元勤務先)のモノだとすれば、やたらに公開できないことがあります。また、そのモノの持ち出しが、情報等の持ち出しとして場合によって窃盗に問擬されるなど思いもかけない問題になることがあります。もちろん、故意が認定される場合ですね。このようなわけですから、もしみなさんが同じようなことをしようという場合は、かなり謙抑的にならざるを得ないでしょう。相当の慎重さが必要です。

    閑話休題(それはさておき)……

    さて、小野寺潤ことボクちゃん専務は、神奈川県厚木市にある同好の士の所有する賃貸ビルを拠点として「心と体のヒーリングセンター」を開設した時期には、すでにスピリチュアリティ方面へののめり込みは相当の水準に達していた。

    「量子化学」というクンちゃんなどには到底理解出来ない高尚な分野での研鑽に励むということになろうが、山梨県甲府で株式会社七沢研究所、株式会社ロゴストロン研究所といった会社を営む七沢賢治氏(この方は大変著名な神秘家というのか、そういうお方で名を秘す必要がない)詣でがひんぱんにおこなわれることになる。

    会社内でも、さながら小野寺小(ミニ)教祖とでも言おうか、契約畑の実務責任者を執務室へ呼び寄せ、しばしば手かざしなんぞをしているお姿が、透明ガラスで仕切られた隣接のミーティングルームから拝見することが出来た。契約部署の最高責任者ふたりが、契約ゲットにきゅうきゅうとしている契約担当スタッフの面前で、研鑽に励んでいるのである。当然、スタッフたちの尊敬のまなざしを一身に集めるのであった。

    この当時、クンちゃんがボクちゃんから直接聞いた話だが、この七沢氏のすごいところは、「核戦争に耐え、生き残る装置」を開発済みだという点。この装置は世界中の数百人程度の選ばれた大金持ちに限ってやがて頒布されるであろうということである。すると、孫さんなんか入るでしょうね。それで、その価額はそれらの人びとしか購うことが出来ないほど高額になるという。

    したがって、そのお手伝いをするボクちゃんも、いずれその大金の一部を手にするのは成り行きであり、現在の目先のカネなんか問題じゃないというのだ。 さすが、われらがボクちゃん! 目のつけどころが違う。現代の箱舟シェルターということらしい。

    しっかし、全世界が滅亡した後、何百人かが何年か、何十年か生き残って、いったいどうしようというんかいな!

    なかなか難解なお話ではある。

    そのボクちゃん、将来の核戦争への備えだけではなく、現在、さまざまな疾患で苦しんでいる人びとをなんとか救済しようと、MMSと称する妙薬(上の写真の右側2本の緑色ポリ瓶に入って、ボクちゃんが個人輸入し、気の毒な疾患に悩む方々に販売されていた)の販売にも挺身するようになっていった。

    それはボクちゃんからクンちゃんへの一本の内線電話から始まった。
     
    昨2010年8月、えらいあつーい夏であったが、敗戦の日も近づいた或る日、
     
    クン「はいはい、もしもし、クンちゃんです」

    ボク(ひと呼吸おいて)
      「ああ、ボクちゃんです。 …実はちょっと困ったことがあって、こっちへ来てもらえませんか…」

    クン「…いま、文書をつくっていて、忙しくて手が離せません。あとで行きますワ」

    ボク(ひと呼吸おいて)
      「いや、大至急、いま話を聞いてもらいたいんですが…」

    クン「うーん、なんですか」

    ボク(ひと呼吸おいて) 
      「いや、大至急、話を聞いてもらいたいんですが…」

    クン「じゃ、いま、ちょっと行きます」            


    この項つづく。5月10日中にサイトアップ!  
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 自費出版
    ジャンル : 本・雑誌

    カテゴリ
    プロフィール

    フクちゃん

    Author:フクちゃん

    検索フォーム
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。