スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    文芸社削除要請の記事⑭文芸社・ノルマ達成には、契約書も偽造! 其の拾四 「小野寺専務行状記・続々公私同一」   

    15_1

    「続々・公私同一」の巻⑤ 

    小野寺潤専務言行録Ⅲ(番外補足篇)

    メッセージ欄への お尋ねに答えて (なんか、NHK広報番組ぽくて、スイマセン!)

    Q うちの「女性幹部」はそんなもん買わんだろう、買うはずないっ!ていうご指摘、ご質問について 

    A すいません。よく読んでいただきたいのですが、買った、買わない、ではなく、ボクちゃんこと小野寺潤専務作成の「回収リスト」に名前があるかないかということです。ほんとに買ったかどうかは、当事者しかわかりませんよね。それから、「幹部級」と「女性」という単語を近場で書いたのが誤解を招いたようです。幹部という意味が紛らわしくてホントにすいません。まあ、部長程度を言うんじゃないかと思いますが、会社の規模にもよりますし。

    それで、この方がおっしゃるには「現在、うちの(文芸社という意味に解釈して)女性で課長級以上の職階にある人はひとりしかいないよ」ということですので…、いきおい特定されてしまう格好ですが、ご指摘の女性が回収リストに名前が出ているという事実は一切ありません。別のひとです。誤解を招いたとすれば、訂正してお詫びします。

    リストに名前が出てくる女性は、現在、どういう形であれ、この会社に所属していない方です。なお、他の男性ふたりは契約担当部署の所属ですが、うちひとりは関連会社日本文学館に本年3月1日付で出ています。

    Q そのプール消毒剤と同様組成の「MMS」ってのは、いったい、いくらで仕入れて、いくらで売ってたのか、どれぐらいの量を売ってたのか、こういう基本的なことが書かれていないのでは新聞原稿にならんぞ、というご指摘、ご質問について

    A えっらいすんまへんが、これはブログ原稿で新聞原稿じゃないんで、不行き届きは何卒ご勘弁を! そうですねえ、駆け出しのころ、4W1Hだか5W1Hというやつでしたっけ、あれは徹底的にやられましたね。今でも骨身にしみておりまして、車は4Wにしてますが…。 
        
    んで、ご指摘を受けて、あれこれ資料をひっくり返して、或る程度わかりました。

    まず仕入れ値ですが、先に掲載したデジタル化前の資料写真をご覧ください。

    10_2

    すると、一番下の行に、英字で「ミネラル サプリ」とあり、「15」と「60」という数字が見えますね。15の単位はわからんが、60はU.S.$と書いてあるんだから、米ドルでしょうね。当時、仮に1ドル100円としても、邦貨6000円以下ということでしょう。つまり、プールの消毒剤と同じなんだから、そんなに高いもんじゃないってことは確かです。

    15がセットの数だとちょっと輸入量的に小さすぎる感じですが。もし、ポリビン2ケと結晶クエン酸のセットということなら、1セット400円程度となりますが、どうもよくわからんですなあ。部外者には、にわかに解読できまっせん。
        
    ああ、こんなもんもありました。これは、ボクちゃんが米国の発売元に発注した書面と、それに対する米国からの受注しましたという受注書面のようですなあ。

    14_2

    14_3
       
    これだと明解国語辞典のように、明快にわかります。

    品物代と発送料を合わせた$444を30セットで割れば、1セットあたりの原価が出るということです。
    $14強ですね。これが当時いくらだったか、$1あたり80円台だと思うが、仮に100円として、1500円弱。

    14_4

    一方、売値は、上の当時のヒーリングセンターHP記載のとおり、1セット3800円ということです。
    おそらく1200円程度のものを、3800円で売っていたということになるのだと思いますが、それが社会的にどういう評価になるのか、クンちゃんにはちょっとわかりません。

    それから、どのくらい売ったのか、その数量は役所には届けているハズですが、前回書きましたように、全体がまったくいい加減な書面なんですから、その実態なんか全然わかりませんね、はい。

    Q なんで、ロゴストロン研究所とかいう七沢氏の会社とボクちゃん専務の会社プラネットアース社が一体だったってことになるのか、というご指摘、ご質問について 
          
    A ボクちゃん自身がそう説明していたうえ、下のHP、デジタル化したやつね、これを見ていただきたいのですが、この年6月19日に「付属機関」になったっちゅうんだから、そうなんでしょうよ。これを「実は関係なかった」って言い張るんだから、役所の担当官も、さぞビックリなさったことでしょう。

    14_5 

    最近、匿名希望の関係者からクンちゃん家電へのご連絡が多くなりましたので、「電話には出んわ!」ということにしています。その代わりに、画面左側のクンちゃん写真の上に、ご連絡用の「メッセージを送る」欄を設けましたので、是非ここをご利用ください。ここへのご連絡は、コメント欄に反映されません。クンちゃんだけが、承ります。

    掲載予定記事の一例 

    (予告。掲載順ではありません。体調不良と老齢のため、不定期のアップになります。ご了承をお願いします。内容は変更される場合があります。)

    ■鬼蜘蛛おばさんこと「北の論客」松田まゆみさんの主張 (其の壱・調査活動の顚末)
    (其の弐・まゆみさんが詐欺罪で文芸社を告発。寺野専務らに代わって東京地検に何度も呼び出されたクンちゃんの泣き笑い)
    ●鬼蜘蛛おばさんこと「北の論客」松田まゆみさんの主張(其の参・まゆみさん告発で、東京地検捜査をどうすりぬけたか、その真相)
    ●特報! 三社関係現役・退職者座談会「文芸社・岡林第一、第二編集部長ってのは、
    三一書房従業員(かつて、闘争前)、草思社専務取締役(ついこの間まで)として何をやり、何をやらなかったか」
    ●新風舎と碧天舎の倒産前後
    ■自費出版図書館はどうなっちゃったか。あの人が何故?
    ●特定商取引法改正と自費出版業界(本も出た、本屋に並んだ、広告も出た。だが、文芸社に支払ったあのカネを返してもらいたい…そんな方は必読) 
    ◆文芸社が東京経済・渡邊勝利氏を名誉棄損で訴えた裁判(いわゆる渡邊裁判の顚末) 
    ◆渡邊裁判敗訴後の渡邊勝利氏とその末路(あの威風堂々の男が…カネには勝てんのか!?)
    ●祝 この春、新宿旧NAOビルに一族郎党揃い踏み、ゲェッ!あれが4階に! するってえと、日本文学館ってのは?
    ◆現在、係争中の裁判リポート(「300冊配本はウソ」とがなりたてるアホにてこずるボケ、ほか)



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 自費出版
    ジャンル : 本・雑誌

    カテゴリ
    プロフィール

    フクちゃん

    Author:フクちゃん

    検索フォーム
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。